フォルスクラブの香港研修で外国の株を学ぶ


香港と言えば、100万ドルの夜景が有名です。
確か、その電気料金が100万ドル掛かると言われていることから、
そう呼ばれていますが真偽の程は定かではありません。

近世の香港は目まぐるしい発展を遂げており、
今や世界を代表する経済都市と言っても過言ではありません。
そんな香港だからこそ、
フォルスクラブは株の勉強会セミナーを香港の地にて開催していたのです。

香港を代表する建物はいくつかありますが、
香港証券取引所の存在は世界的にも有名です。
香港市場は世界でも有数の証券取引所で、
今や世界の投資家の多くが香港の証券を購入しています。
フォルスクラブの会員が香港で株を買うにはいくつかの手順がありますが、
必ずやらなければいけないことは、香港の現地で銀行口座を作ることです。
香港市場で株式の取引を行うには、まず、口座が必要であり、
その口座は香港でしか作ることが出来ません。
フォルスクラブの香港株勉強会ツアーの最も重要なポイントと言えます。
一度口座を作れば、実際の株式の取引は日本に居ても可能です。
その際は、手数料や為替などに注意したいところですね。

海外進出を視野に考えている方は、
今の内に外国株に慣れていた方が良いと思います。
と言うのも、海外では銀行にお金を預ける代わりに
投資を行う方が多いからです。
日本の銀行は国がしっかりと資産を守っていますが、
外国はそうとは限りません。
リスクを考えるならば、投資の方が安全ということも多いのです。

株を学びたい方は是非フォルスクラブ
金融研修ツアーを利用してみてください。



mouseover