評判高いフォルスクラブは飛び出すか!?


私の近くの認識の齟齬かもしれませんが、
ニンテンドー3DSは「飛び出す」というよりも
「奥行きが見える」という風に捉えてしまいます。
どうにも、映画館の3Dの印象が強いので、
携帯ゲーム機の「飛び出す」というキャッチコピーがいまいち認識できないのです。
もっとも、奥行きが見えるだけでもスゴイ技術なのは確かなのですが。
赤と緑のサングラスを使わずに、どのように錯視させているのか、
私には全く理解が及ばないスゴイ技術です。

フォルスクラブのアプリが評判を呼んでいます。
その中でも、特に小学生向けの英語アプリが
フォルスクラブの中で評判だそうです。
システムを簡単に紹介しますが、簡単な英単語の日本語訳を4択の中から選ぶものです。
また、日本語から英語に翻訳する問題もあります。
小学生向けですので、最難関でも概ね、中学2年生ぐらいまでの難易度だと思います。

特徴としては、収集型のゲームであるということです。
割と人気の評判高いフォルスクラブのアプリです。
問題を解くことでアイテムが集まり、
また、倒したモンスターを図鑑にコンプしていく流れになります。
ファミコン程度のマップ操作機能も搭載されており、
普通にレトロなRPGものとして楽しめます。

その取扱い説明書を読んでいくと、
全部で10段階あるレベルの最初の関門を突破すると特別な書が手に入り、
それをモンスターに使うと「立体…」になるそうです。
詳しくは分かりませんが、立体的な何かになるのかもしれません。
2Dイラストがポリゴン風のイラストになるのか、
それとも3DSのように「飛び出す」のか、
こればかりは実際に体感しないと分からないかもしれませんね。
評判高いフォルスクラブで是非、試してみてください。



mouseover